「今こそ自然免疫力」野菜情報VOL.558令和3年5/16~5/22

1年以上、TVでは新型コロナウイルスの報道が続き、恐怖を煽るかのように感染者数を数え続けています。ニュースの中では感染しなかった人(もしくは重症化しなかった人)の事はとりあげられることはありません。それは当たり前のことですが、その事実こそ希望であり、私たちが今、学ぶべきことなのです。「変異株だ」「ワクチン接種だ」と騒ぎ立て誰もがコロナ疲れを感じている昨今ですが、今一度「自然免疫力」の大切さを伝えさせてください。

NPO法人「大地といのちの会」代表の吉田俊道氏は、長周新聞に掲載された「有機農業の世界とコロナ」という記事の中で、「野菜に例えて考えると、病気を防ごうとしてキャベツにいくら防虫ネットをしても、土が悪くて野菜が弱ければどこからか虫が入る。野菜自体を強くせずに、病原菌を一生懸命殺したり逃げたりしたところで、野菜は弱いままだ。野菜が育つ土の中を変えないと、野菜の生命力を高めないと根本解決にはならない。病原菌は弱いから来ているだけだ」と、薬を使わない有機農業と薬のないコロナウイルスとの類似性を指摘しています。

この「土の世界」が人間の場合は「腸内環境」です。腸には免疫細胞の7割が集中しており、「自然免疫力」をつかさどるのは主に私たちの腸だと言われています。そして、腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌が混在しており、善玉菌が優位になることで、腸内環境が正常に働き、病原菌(ウイルス)を攻撃し、免疫力を高めてくれます。そのためには善玉菌の占有率を高くし、さらに腸内細菌の種類と数を多くすることが大事です。一般的には、納豆や漬物、ヨーグルトなどの発酵食品や味噌や醤油など伝統製法にのっとった調味料をとることが奨励されています。そして、食べた善玉菌を増やすためには腸内細菌のエサになる食物繊維を多くとることが重要です。食物繊維は、野菜や海藻、豆類、穀類(未精白)に含まれています。

長年、こうした食事の指導により、ガンやアレルギーなどの難病の方々を支えて来られた薬方堂の佐藤秀彦社長にお尋ねしたところ、「よく質問されますが、このコロナ渦の中でも私たちが指導することは何もかわりません。どの病気でも免疫力、生命力、健康力を普段の食事を中心にして育てるだけです。万病に通じる基本を続けるだけです」と、力強くお答えいただきました。不安や恐れは自律神経を乱し免疫力を弱めます。私たちはいたずらに恐れる事なく「自分の健康は自分で守る」という心構えで、「自然免疫力」を育ててまいりましょう。

よかったらシェアしてくださいね!